囲碁ゲームサロン パンダネット

大会・イベント

日本囲碁ニュース (十段戦)

日本の囲碁ニュース・棋戦情報をお伝えします。

日本で行われている囲碁のイベントや棋戦情報を皆様にお伝えします。

囲碁ニュース [ 2018年4月13日 ]

井山 十段防衛!

 井山裕太十段に村川大介八段が挑戦する第56期十段戦五番勝負の第3局が4月12日、長野県大町市「くろよんロイヤルホテル」で行われた。ここまで井山の2連勝。村川が1勝を返すか、井山がそのまま防衛するかという一局だった。
 本局が行われた会場は井山がタイトル戦で過去5回対局し、一度も勝っていないというジンクスがあった。しかし、結果は井山の白番4目半勝ち。大きなフリカワリを含む判断の難しい戦いを王者らしくまとめ上げ、3連覇を成し遂げた。実は井山は番勝負で17連勝中、昨年の名人戦第2局以降負けていない。2度目の七冠となったのは昨年の名人戦。そこから早くも王座、天元、棋聖、十段と防衛し、七冠を堅持したままタイトル戦を一巡する可能性が現実味を帯びてきた。

囲碁ニュース [ 2018年3月12日 ]

十段戦開幕

  井山裕太十段に村川大介八段が挑戦する森ビル杯第56期十段戦挑戦手合五番勝負が3月6日、大阪府東大阪市「大阪商業大学」で開幕した。村川は井山の1つ年下の27歳。関西出身同士で仲が良く、幼少期から切磋琢磨してきた仲間と言う。2014年に井山から王座を奪取し、一躍有名になった。しかし翌年再び挑戦者となった井山と対峙し王座を奪還され、以来、挑戦手合では井山に勝てていない。今回巡ってきたチャンスを是非ともものにしたいところだ。
 開幕戦の結果は156手までで白番井山の中押し勝ちとなった。五番勝負はまだ始まったばかり。第2局は3月22日(木)に埼玉県戸田市の「戸田市文化会館」で行われる。

囲碁ニュース [ 2018年1月30日 ]

村川 十段挑戦へ!

終局直後の様子。挑戦権を手にした村川八段。

  第56期十段戦の挑戦者決定戦が1月25日、関西棋院で行われた。井山裕太十段への挑戦権をかけて戦ったのは村川大介八段と志田達哉七段。村川は2014年に当時六冠だった井山から王座を奪取した実力者。関西棋院所属で井山の親友としても有名だ。一方の志田は中部総本部の隠れたエース。古碁を彷彿とさせる独特な棋風で知られている。あまり接点がなさそうな二人だが、実は両者とも27歳。誕生日も村川が12月14日、志田が12月6日と8日しか違わない。
 結果は村川の白番中押し勝ち。安定感のある内容で十段戦初挑戦を決めた。五番勝負は3月6日、大阪府東大阪市「大阪商業大学」で開幕する。



バックナンバー