囲碁ゲームサロン パンダネット

学習

パンダネット 囲碁入門

囲碁のあれこれ - [2]日本の囲碁

囲碁そのものを覚える前に、まずは囲碁の生い立ちや、囲碁を取り巻く状況についてざっくりとお話します。まったく囲碁を知らない方も、気楽にお読みください。少しご存知の方は、さらに理解を深めるように、復習のつもりでご覧ください。 続きを読む

● 囲碁のあれこれ

[2]日本の囲碁

 日本では、古くからプロ制度があり、現在では500名ほどのプロが存在します。全員参加の試合がたくさんあって、優勝者には大きな賞金が与えられます。
 囲碁は単なるゲームにとどまらず、文化として認知されています。学者や文化人など、社会的に尊敬される人々の中で、とくに囲碁への理解が深く、若いときから囲碁に親しむことが、一つのステータスになっています。頭の良さ、教養の高さ、品の良さなどを示す一つとして、囲碁を知らない人にも囲碁への憧れがあるくらいです。
 アマチュアの大会は、一般の大人のものの他、大学生、高校生、中学生、小学生だけで行なうものまで、幅広く充実しています。とくに大会に出場しなくても、街の中には囲碁ができる施設が、各地に存在して、近所で囲碁を楽しむのは難しくありません。
前のページへ  l  次のページへ
●囲碁のあれこれ
[1]東アジアから世界へ [2]日本の囲碁 [3]現在のプロの世界 [4]アマチュアの場合
[5]論理的な人と感覚的な人 [6]囲碁は誰とでも打てる
囲碁入門表紙へ