囲碁ゲームサロン パンダネット

学習

パンダネット 囲碁入門

8日目…手筋とコツ- [3]二線の折衝

碁を打つのに、いろいろなコツがあります。とくに互いの石が接触したときに、上手な打ち方をすれば優位に立てるのです。そういう接近戦のコツのことを、「手筋」と言います。「手筋」は実戦のいろいろな変化に、応用が利きます。たくさん知っていると、一手一手悩まなくてすみますし、上達につながります。 続きを読む

●8日目…手筋とコツ

[3]二線の折衝

・ 二線は碁盤の端に近いので、いろいろな事件が起こります。二線の特徴をよく理解して、味方につければ大いに役に立ちますから、よく勉強しましょう。
・ 1図、黒から白△を取れるのですが、どううてばいいか考えてから、次の図を見てください。
 
1図
・ 2図、黒1は白2と連絡されてしまいますから、これは問題外ですね。   2図
     
・ 3図、黒1で取れています。白2には、黒3で先に取り上げることができます。白2で、(次の図へ)   3図
     
・ 4図、白1と逃げても、一線にぶつかりますから行き止まりです。黒2で白は逃げられません。白3には、黒4で先に取れます。これが二線の特徴の一つで、上から追われると、逃げ場がないのです。   4図
     
・ 5図、今度は、白△が二子になりました。黒から取ることができるでしょうか。  
5図
・ 6図、これも黒1で取れるのです。白は×印に逃げても無駄ですね。続いて、  
6図
・ 7図、白1には黒2で取れています。二線の石は、すぐ逃げ場がなくなりますから、注意が必要です。   7図
     
【問題1】黒番
・ 石が複雑に絡み合っていますが、原理は簡単です。黒△一子と白△二子はどういう関係でしょうか。まず、黒番でどうなりますか。白番でも考えてください。
 
問題1
・ 1図、黒△の石を、黒1と逃げればいいのです。これで、次に白△二子を抜くことができます。  
1図
・ 2図、白1と逃げても、黒2と打てば、白は逃げられません。白1で、(次の図へ)   2図
     
・ 3図、白1と外から打っても、黒2で取れています。二線の攻防は、有利不利に直結しますから、よく慣れて、安心して打てるようにしましょう。   3図
     
・ 4図(白番)、白番なら、白1と打って黒石を取れば解決します。どちらがの番かで、これだけ結果が違います。  
4図
【問題2】白番
・ 二線がテーマです。白番でどう打てばいいでしょうか。
 
問題2
・ 1図、白1と切るのが正解です。黒2と黒も抵抗しますが、白3で先に追い詰めれば、黒△三子を取ることができます。  
1図
・ 2図、白1では、黒2と連絡されて、左上の白二子が置き去りになります。   2図
     
・ 3図(黒番)、黒番なら、黒1と連絡します。これで黒△三子を助け出しながら、白△を取ることができます。二線の連絡と切断は、大きな違いを生みますから、間違えないようにしたいものです。  
3図
【問題3】黒番
・ 黒△の石がピンチです。黒番で、これを助けるには、どう打ちますか。
 
問題3
・ 1図、黒1と逃げれば、黒が連絡しています。これで安泰です。  
1図
・ 2図、黒1ではつながっていません。白2で黒△の石が取られてしまいます。黒3と打っても、白4で先に抜かれます。  
2図
・ 3図、黒1と一線に逃げても、碁盤の端にぶつかってしまいます。白2で黒の逃げ道がなくなります。黒3と切っても、白4で取られですね。   3図
     
前のページへ  l  次のページへ
●8日目…手筋とコツ
[1]ゲタ [2]シチョウ [3]二線の折衝 [4]一線のヨセ
囲碁入門表紙へ