囲碁ゲームサロン パンダネット

学習

パンダネット 囲碁入門

5日目…生き死に- [3]自陣で相手が生きる場合と死ぬ場合

碁は互いの地の大きさを競うゲームですが、相手の石の天地左右をぴったり封鎖すれば、その石を抜くことができます。また、相手が生きるスペースを奪えば、その石は死んでいますので、終局後に取り上げることができるのです。相手の石を取ったり、殺したりするのも、囲碁の醍醐味の一つです。覚えたばかりのころは、この魅力に取りつかれるかもしれません。 続きを読む

●5日目…生き死に

[3]自陣で相手が生きる場合と死ぬ場合

a.生きる場合と死ぬ場合
・ せっかく自分の地を作っても、そこに相手が入り込んでくる場合もあります。その石を取れればいいのですが、「二眼」作られると生きてしまいます。56図は黒が右上方面を囲っていますが、その中で白が生きていますから、右上の黒地はゼロです。せかっく囲っても、白に入り込まれては何にもなりません。
 
56図
・ 57図の右上の白はどうでしょうか。白番と黒番で結果が逆転します。  
57図
まず白番なら58図のように、白1で「二眼」の生きになります。  
58図
しかし、黒番だと違ってきます。59図の黒1なら白2と受けて「二眼」ですが、これは黒1が失敗でした。   59図
     
60図の黒1まで飛躍するのがいい手で、これで白は「二眼」作ることができなくなります。  
60図
続いて、61図、白1と打っても、黒2で連絡されてしまいます。   61図
     
また、62図のように、白1と連絡を断とうとしても、黒2と打たれると白1の一子を取られてしまいます。黒に△と打たれると、もう白が生きる術はありません。  
62図
・ 63図は黒の包囲網の中で、白が「二眼」作って生きています。  
63図
64図、黒1と打っても、白2で生きているのですが、その理由がお分かりでしょうか。   64図
     
たとえば、白2を打たないと、65図、黒1と打たれて、aの地点が「欠け眼」になってしまうのです。  
65図
66図のように、白の周囲に黒△の石を置いてみれば、×印の地点が「欠け眼」であることが分かるでしょう。次に黒から×印に打たれれば、白三子が取られるし、白が×印に打って連絡しても、そこに「二眼目」はできません。  
66図
・ では、67図を見ていただきましょう。×印に白石がないとどうなりますか。  
67図
それが68図です。白1と打てば生きますが、では黒番で考えてください。  
68図
69図の黒1で、白の「二眼」が崩れます。白2と打っても、黒3と逃げますから、黒1の石は取れません。問題は×印の地点がどうなるかです。  
69図
70図の黒△に石が来ると、×印の地点が「欠け眼」になるのです。白1と打っても、黒2で「欠け眼」です。逆に白が2に打っても、今度は黒1で同じことです。「二眼」ができるかどうかで、生き死にが決まります。  
70図
・ 71図はどうでしょう。これも、白番なら生きますが、黒番なら死にです。  
71図
72図、白番なら、白1で「二眼」確保できますから、これは生きですね。  
72図
73図、黒番なら、黒1に打って、白は「一眼」になります。白2と打って黒1の一子を取っても、「二眼」作ることはできません。   73図
     
b.すでに死んでいる場合
・ 74図の場合は、白からどう打っても死んでいます。いくつか白の手を考えてみましょう。
 
74図
75図、白1と隅に「一眼」作っても、黒2で死ぬことは勉強したばかりですね。   75図
     
76図、白1と広げても、黒2と真ん中に打たれると、これも「一眼」しかできません。   76図
     
77図のように、白1ともう一歩広げるのはどうでしょうか。  
77図
78図、黒1と打たれると、白△の一子を逃げなければなりません。白2と連絡すれば、黒3でやはり死にです。ですから、74図の白は、このままで死んでいたのです。  
78図
・ 79図はどうでしょうか。この白も、既に死んでいます。  
79図
・ 80図、白1と打っても、黒2と打たれて、白は「ニ眼」を作れません。ですから、黒からは何もしなくても、この白は死んでいるのです。  
80図
・ 81図は白が二個しかありません。白から打って生きるとすれば、  
81図
82図のように、白1のあと、続いて白2と連打する必要があります。しかし、碁は一手ずつ打つゲームですから、そうはいきません。  
82図
83図、白1には、黒2で死にです。続いて白3と打っても、黒はまた放っておいてかまいません。ですから、81図の白は、このままで取られているのです。取れているのか、生きる余地があるのかは、その後の変化を理解していないといけません。そういうのを、「読み」と言って、碁の大切な要素です。「相手がこう打ったら、自分はこう打つ」と、次の手を考えながら打つものなのです。   83図
     
・ 【応用②】では、一つ問題を解いていただきましょう。
・ 84図の白はどうなっているのでしょうか。まず、白番で生きれるかどうか、考えてください。
 
84図
・ 85図、白1で隅の×印は「一眼」できましたが、黒2に打たれれば、aのところが「欠け眼」です。  
85図
また、86図、白1とこちらを先に打っても、今度は黒2でa,Xの両方が「欠け眼」になります。他に白からいい手はありませんから、この白はどうやっても死んでいたのです。終局したら、黒はこの白を全部取り上げて、相手の地を埋めることができます。相手の石の周囲を全部埋め尽くさなくても、死んでいる石なら、取れているのと同じことなのです。  
86図
前のページへ  l  次のページへ
●5日目…生き死に
[1]二眼の生き [2]欠け眼 [3]自陣で相手が生きる場合と死ぬ場合
囲碁入門表紙へ