囲碁ゲームサロン パンダネット

大会・イベント

韓国囲碁ニュース

韓国の囲碁ニュース・棋戦情報をお伝えします。

韓国からの囲碁ニュース・棋戦情報を皆様にお伝えします。

囲碁ニュース [ 2018年1月16日 ]

朴廷桓九段、1万点を超えて50ヶ月間韓国1位!


写真:50ヶ月間1位を守り抜いた朴廷桓九段。

 朴廷桓(パク・ジョンファン)九段のレーティングポイントが史上初の1万点を突破し、50ヶ月連続で韓国ランキング1位となった。
 12月をレーティングポイント9984点で始まった朴廷桓九段は、1か月間に16勝2敗の成績で40点を上げ、10024点を記録した。
 朴廷桓九段はIMSAエリートマインドゲームズ2017で団体戦優勝と個人戦優勝、GSカルテックス杯で本戦進出、2017クラウンヘテ杯準々決勝進出、第3回MLILY夢百合杯世界囲碁オープン戦決勝五番勝負で2連勝を挙げるなど様々な棋戦で大きな活躍を見せた。
 また、申眞諝(シン・ジンソ)八段は12勝1敗の好成績で2位を14ヶ月連続で記録、李世乭(イ・セドル)九段も5戦全勝で4ヶ月ぶりに3位に復帰した。
 李世乭九段の健闘で1勝0敗の金志錫(キム・ジソク)九段は先月より一つ下がり4位、6勝2敗と5勝3敗の成績を挙げた卞相壹(ビャン・サンイル)六段と羅玄 (ナ・ヒョン)九段が自身最高の5位と6位を記録した。
 朴永訓(パク・ヨンフン)九段と安成浚(アン・ソンジュン)八段は先月より二つ下がって7位と8位、崔哲瀚(チェ・チョルハン)九段と申旻埈(シン・ミンジュン)六段は先月と同じく9位と10位をキープした。
 10位圏外では金明訓(キム・ミョンフン)六段が2017年KB国民銀行囲碁リーグチャンピオン決定戦の活躍でレーティング ポイントを60点獲得し、16位から13位まで順位を上げた。
 また、韓国女流棋士ランキング1位は崔精(チェ・ジョン)八段(韓国ランキング49位)、2位は吳侑珍(オ・ユジン)五段(100位圏外)、3位は趙惠連(チョウ・ヘヨン)九段である。
 2009年1月から施行されている新しい韓国ランキングはレーティングポイント制度を使用し、棋士の成績に応じて点数を定め、毎月100位まで発表されている。

2018年1月の韓国棋士ランキング(1位から10位まで)

  • 1位:朴廷桓(パク・ジョンファン)九段(10024点)
  • 2位:申眞諝(シン・ジンソ)八段(9847点)
  • 3位:李世乭(イ・セドル)九段(9734点)
  • 4位:金志錫(キム・ジソク)九段(9719点)
  • 5位:卞相壹(ビャン・サンイル)六段(9622点)
  • 6位:羅 玄 (ナ・ヒョン)九段(9611点)
  • 7位:朴永訓(パク・ヨンフン)九段(9606点)
  • 8位:安成浚(アン・ソンジュン)八段(9603点)
  • 9位:崔哲瀚(チェ・チョルハン)九段(9581点)
  • 10位:申旻埈(シン・ミンジュン)六段(9579点)

2018年1月の韓国女流棋士ランキング(1位から5位まで)

  • 1位:崔精(チェ・ジョン)八段(9265点)
  • 2位:吳侑珍(オ・ユジン)五段(8979点)
  • 3位:趙惠連(チョウ・ヘヨン)九段(8858点)
  • 4位:金彩瑛(キム・チェヨン)三段(8851点)
  • 5位:金多瑛(キム・ダヨン)三段(8848点)

[ 記事:趙錫彬/資料提供:韓国棋院 ]

囲碁ニュース [ 2018年1月9日 ]

朴廷桓九段、新年初の世界大会で優勝!


写真:表彰式の様子。

 韓国ランキング1位の朴廷桓(パク・ジョンファン)九段が2018年初の世界大会タイトルを獲得した。
 2018年1月2日、中国江蘇省の如皋で行われた第3回MLILY夢百合杯世界囲碁オープン戦決勝五番勝負第3局目で、朴廷桓九段が朴永訓(パク・ヨンフン)九段に154手白中押し勝ち、本棋戦で初優勝の栄冠を手にした。
 昨年12月30日に行われた決勝戦第1局で284手白中押し、第2局で159手黒中押し勝ちした朴廷桓九段は第3局でも勝利し、総合成績3勝0敗のストレートで優勝を果たした。
 2011年第24回富士通杯と2015年LG杯で優勝した朴廷桓九段は今大会で3年ぶりの通算3回目の世界大会優勝に成功した。
 国家シードで本戦から出場した朴廷桓九段は中国の柁嘉熹・周睿羊・柯潔各九段、陳梓健五段など優勝候補達を破って準決勝に進出し、準決勝では中国の新鋭の謝科四段に2勝1敗で勝利し決勝に進出した。
 終局後の優勝インタビューで朴廷桓九段は「今大会の決勝戦は私のほうが朴永訓九段よりコンディションが良かったので優勝が出来たと思う。今大会のきっかけに世界大会でもっといい成績を残したい。」と抱負を述べた。
 一方、予選から出場し本戦で李必奇三段、童夢成・王昊洋・王昊洋各六段を連破、準決勝では李軒豪七段に2勝1敗で勝利し決勝進出を果たした朴永訓九段は、決勝で朴廷桓九段に敗れ、優勝はならなかった。
 国際囲碁連盟が主催し、2年に1回行われるMLILY夢百合杯世界囲碁オープン戦の第3回大会は朴廷桓九段の優勝で幕を閉じた。

[ 記事:趙錫彬/資料提供:韓国棋院 ]

バックナンバー