ヨーロッパ囲碁ニュース

ヨーロッパの囲碁ニュース・棋戦情報をお伝えします。

囲碁ニュース [ 2024年5月20日 ]

欧州ペア碁選手権、フランスペアが優勝

欧州ペア碁選手権が4月19-21日にかけて開催された。場所はクロアチア有数の観光地、ドブロブニクである。11か国から20ペアが参加した。

参加者は観光も楽しんだ。(写真:Mirta Medak、欧州囲碁連盟)

ルーマニアのラウラ・アヴラム3dとデニシュ・ドブラニシュ5dペアが3連勝で走る展開となったが、第1戦に敗れたフランスのミレナ・ボクレ4dとフロラン・ラボレ5dのペアが第4戦でルーマニア・ペアを撃破。最終戦は共に勝って4勝1敗で並んだものの、規定によりフランス・ペアの優勝になった。

一部の対局には、電子碁盤が用いられた。
優勝したフランスのボクレ/ラボレ・ペア。

準決勝以降の結果は以下の通り。

順位 名前(ペア) 平均段級位 勝敗
1 ミレナ・ボクレ
フロラン・ラボレ
4d フランス 4-1
2 ラウラ・アヴラム
デニシュ・ドブラニシュ
4d ルーマニア 4-1
3 イトカ・バルトヴァ
オンドジェイ・シルト
4d チェコ 3-2
4 ロヴァ・ヴァーリン
チャーリー・アーケルブロム
3d スウェーデン 3-2
5 ミルタ・メダック
スチェパン・メダック
3d クロアチア 3-2
6 ニョシ・カオ
アントワーヌ・フネック
3d フランス 3-2
7 マーニャ・マルツ
ヨハネス・オブナウス
5d ドイツ 2-3
左から2位のルーマニア、優勝のフランス、3位のチェコペア。

欧州青少年選手権、ハンブルクで開催

欧州青少年選手権が3月半ばにドイツ・ハンブルクにて開催された。同時に一般を対象としたMausefalle大会、ドイツ女流選手権も開かれ、豪華な大会となった。

大会の様子。こちらも、上位では電子碁盤が用いられた。(写真:欧州囲碁連盟)
指導碁の様子。
会場前にて集合写真。

各カテゴリーの結果は以下の通り。

< 12歳未満(U12)> 参加者数:38人

昨年4位だったチェコのダッハ2dが全勝で初優勝を果たした。

順位 名前 段級位 勝敗
1 バルティク・ダッハ 2d チェコ 6-0
2 ベンデ・バルツァ 2d ハンガリー 5-1
3 ライアン・ツァン 3d 英国 4-2
4 アルペル・スラク 3d トルコ 4-2
5 ヤコヴ・シチッチ 4k クロアチア 4-2
U12の上位入賞者。

< 18歳未満(U18)> 参加者数:52人

昨年、U16において2位に入賞したシン5dが優勝を果たした。

順位 名前 段級位 勝敗
1 ユツェ・シン 5d ドイツ 6-0
2 スチェパン・メダック 3d クロアチア 5-1
3 ヤン・コミン 2d チェコ 4-2
4 ロベルト=
アンドレイ・グロス
3d ルーマニア 4-2
5 オレシア・マルコ 3d ウクライナ 4-2
U18の上位入賞者。

< 21歳未満(U21)> 参加者数:8人

U21は全勝者のない大混戦。5勝1敗で3人が並んだが、ブノワ・ロビション3d(フランス)が、過去青少年選手権で優勝経験のあるドブラニシュ5d(ルーマニア)、ピットナー5d(ドイツ)の有力候補をかわして初優勝した。

順位 名前 段級位 勝敗
1 ブノワ・ロビション 3d フランス 5-1
2 アルヴェド・ピットナー 5d ドイツ 5-1
3 デニシュ・ドブラニシュ 5d ルーマニア 5-1
4 ニコラ・ロビション 3d フランス 3-3
5 オンドレイ・クラリック 4d スロバキア 3-3
U21の上位入賞者。

[ 記事:野口基樹 ]

囲碁ニュース [ 2024年3月4日 ]

欧州グランプリファイナル、ブルゾ6dが優勝

欧州グランプリファイナル大会が2023年12月28-31日にかけてロンドンにおいて開催された。年末恒例のロンドン大会に合わせての実施となる。

予選リーグには10人が参加し、2グループに分かれて準決勝進出者を決定した。グループAではウー・ホユン5d(英国)とスタニスワフ・フレイラック1p(ポーランド)が、グループBではルカシュ・ポドペラ7d(チェコ)とコルネル・ブルゾ6d(ルーマニア)が枠抜けした。

昨年優勝のフレイラック1pは準決勝で脱落し、決勝はブルゾ6d、ポドペラ7dの対決。ブルゾ6dが細碁を制して優勝した。

準決勝以降の結果は以下の通り。

ウー ブルゾ ブルゾ
ブルゾ
ポドペラ ポドペラ
フレイラック
優勝したブルゾ6d(左)。
成績優秀者。右から2番目が優勝のブルゾ6d、3番目が準優勝のポドペラ7d。左端が3位のフレイラック1p。

グルノーブル囲碁大会、盛大に開催

第6回となる仏グルノーブル国際囲碁大会が1月末に開かれた。15か国から158人を集める大きな大会となった。

大会の様子。
子供向けの大会も開かれた。

5回戦の結果、韓国のキム・ドヒョプ7dが全勝優勝を果たした。2位はアリ・ジャバリン2p(イスラエル)、3位はルカシュ・ポドペラ7d(チェコ)、4位はバンジャマン・ドレアン=ゲナイジア7d(フランス)、5位はリュカ・ネイリンク6d(ベルギー)だった。

成績優秀者。右端は同大会のスポンサーを務める黄仁聖(ファン・インソン)さん。

[ 記事:野口基樹 ]

バックナンバー