囲碁ゲームサロン パンダネット

学習

死活の神様パンダ先生の使い方

世界一の詰碁人工知能(AI)「死活の神様 パンダ先生」の使い方をご案内します。

「死活の神様 パンダ先生」は、今までの常識をくつがえす、画期的なAIを搭載した「死活判定システム」です。こちらでは死活判定システムの使い方にご案内いたします。使用方法をご確認いただき監修の二十四世本因坊秀芳(石田芳夫九段)も驚きのシステムを是非、あなたの棋力アップのためにご活用ください。 続きを読む

実践詰碁解答ソフト 死活の神様パンダ先生

世界一の詰碁人工知能(AI)
『死活の神様 パンダ先生』の使い方

「観戦画面」または「保存棋譜の再現画面」を開きます。右下の[パンダ先生]をクリックします。

すると、「死活判定画面」が別ウインドウで出てきます。この画面を使って判定していきます。

(必要な場合は、石の追加/削除を行ない、死活を判定する盤面を作成します。初めから問題を作りたいときは、碁盤の上で右クリックをして「盤面をクリア」ボタンを押し盤面から石を消してください。)

石を置くときは、右下の「次に置く石」で「交互/黒石/白石」のいずれかを選び、石を取り除くときは、取り除く石の上で右クリックして「石を削除する」を選びます。 盤面を左クリックして石を置いていきます。

盤面の編集が終わったら、死活判定の対象となる石の上で「右クリック」して「判定対象指定」を選びます。

※必ず石の上でクリックしてください。石がないところでクリックすると判定ができません。

判定条件を指定する画面が表示されます。「通常判定」を選ばれてますので、通常はそのまま「判定開始」をクリックします。

「詳細判定」を選択すると、コウになる場合に、有利なコウ、本コウ、寄せコウなどを厳密に判定します。(無条件の手が見つかった場合は通常判定と同じ結果となります)
「スピード判定」を選択すると、無条件もしくはコウになる手を区別せずスピーディに判定します。
手になるかどうかを素早く判定したいときに便利です。さまざまな手を検証し、活き、死に、コウなどを判定していきます。

判定が終了すると、「黒先白死」などの判定結果と、その手に緑色の点が付き点滅表示されます。複数の手がある場合、それらすべてが表示されます。

緑色の点滅している石をクリックすると、ソフトは「判定した手番」として応手するモードになります。

例えば「次の手番」を「黒番」(黒先)で判定した場合、ソフト側が黒番となり、どのような白の手に対しても的確に応手します。
(死活と無関係な離れた場所は対象外となります)

正解手以降の手順を確認することができます。

点滅している石以外の場所をクリックすると、ソフトは「判定した手番の逆の手番」として応手するモードになります。
正解以外の手を選ぶと、どのような手順で失敗するかを確認できます。

目標石の設定について

ダウンロードが完了すると、下記のような表示になりますので、[次へ(N)]を押します。 その後、何度か確認画面が表示されますので、すべて[次へ]を押してください。

これは、全ての白石を取ろうとして判定しているのでこのような結果になります。

しかし、対象範囲を指定した後、右側の白2子を右クリックして目標石に設定することによって、この白石を取る方法を判定します。目標石は緑色のマークがつきます。

目標石に指定することによって、部分的な死活を判定することができます。

死活の神様パンダ先生トップへ戻る